| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ザガラ タレント解説・感想

ザガラタレント


前回の記事に引き続いて今回はザガラのタレント選択について
自分が思うところなどを書いていきたいと思います。


LV1 タレント

Centrifugal Hooks ベインリングの転がる距離が2倍になる
ベインリングはスプラッシュダメージをどれだけ多く当てるかというのが重要で、
できるだけミニオンの集団の真ん中から至近距離でぶちまけたいところ。
安全な距離から炸裂させるのはその反面、スプラッシュダメージを捨てているのでは?
ベインリングの性能とこのタレントは噛み合っていないので選ぶことはない。
ベインリングの転がる速度が速くなるタレントがあるならばまた違うのかもしれないけども。
LV16タレントで8ベインリングを取ればミニオン集団を最初の4匹くらいですべて片付けて、
残りは次のミニオン集団やタレットなどにぶつけることもできるだろうが、別に距離は2倍もいらないかな


Corpse Feeders ローチの被ダメージが敵ヒーロー以外からは30%軽減
キャンプで多くのダメージ吸収をしてくれるようになり、
敵タレットにぶちこんでも3発で死ぬのが4発になり砲弾を消費させたりもできる。
これを取るとLV7のタレントでローチが3匹になるのもぜひ取りたいところだが
LV7は個人的に一択のRapid Incubationがあるし、
そもそもLV1タレントも次のReconstitutionがあるので取らない。


Reconstitution クリープ上での回復力が3倍になる
200%と書いてあるので2倍と勘違いするかもしれないが、LV1だと秒1.8の回復が
これを取ると秒5.4になる。
Heroes of the Stormにとってキルされるのはできるだけ回避したいところ。
それを少しでもサポートしてくれるこのタレントはLV1の中で1番優秀だと思う。
これを取ればクリープを置くこと、クリープ上で戦うことの大切さが
よりわかるのでどれか迷っている方はとりあえず取っておこう!


Demolitionist 敵建物に対して10%通常攻撃ダメージが増加し、砲弾を1個破壊
魅力が伝わってこずにほぼ選んだことがないタレント。
よってこれと言った説明ができないのだけど
2レーンのゴーレムマップとかでは強かったりするのだろうか。


LV4 タレント

Envenomed Spines 通常攻撃のレンジが20%伸び、追加で3秒かけて15+(LV*3)ダメージ
レンジも攻撃力もアップ。これを取らない理由はない。
ザガラは狙われると逃げスキルがなく本当にすぐ死ぬので、
射程も長くなるのは非常に嬉しいところ。
いかなる状況でもこれが腐ることはない。


Medusa Blades 通常攻撃で射程内の近くの敵3体までに25%のダメージを与える
対集団ミニオンやブリーザーキャンプで真価を発揮。
どうやら射程内の敵にしか拡散攻撃しないので狙った敵の後ろや
横にいる敵には届かず、結局1体にしか攻撃が出ずに意味ないこともある。
追加攻撃が出る条件もちょっとわからない。ゲートに攻撃すると拡散攻撃は出ないが
その横のタレットに攻撃すると拡散攻撃がゲートにも出て当たったり…。
また、上記のEnvenomed Spinesと比べるとどうしても見劣りしてしまう。
オレはミニオン処理ばっかして貢献するぜ!って人にはいいかもしれないが、
そういう人はマップギミックの取り合いや終盤の集団戦で役に立たないことが
多い印象なのでこれを取っているということはつまり・・・。


Tumor Clutch クリープ設置のマナコストが0になり、CDが15秒から10秒になる
クリープをどんどん広げて戦う人や、しっかりミニマップを見てくれる仲間が
たくさんいる場合はこちらのタレントはかなり優秀でしょう。
でも集団戦が発生しやすいマップはEnvenomed Spinesで毒追加ダメージを
与えた方がチームに貢献はしやすいはず。


Envenom 対象の敵ヒーローを毒に、5秒間で180+(LV*30)ダメージを与える
このタレントアビリティは強力だが射程が短い。
近接攻撃型のアサシンやウォリアーだとそれも問題ないのだけど
近づいた分こっちもかなり死にやすくなるという諸刃の剣。
立ち回りに自信があればこっちを選ぶのもよさそうではある。


Infest CD30秒 味方ミニオンを30秒間攻撃力400%増加させ、HPを全快。2スタック可。
攻撃力のみの増加なので後衛の弓部隊やカタパルトにつけてやるのがよい。
こちらも強力だが、敵ヒーローに狙われるとHPはそのままなのですぐ死ぬし、
こまめにスタック、CDを確認しつつヒーローのいないレーンの
ミニオンにつけてやらないと無駄撃ちとなるので注意。
人数がすくない部隊につけてもすぐタレットや敵ミニオン集団で死んでしまうので
そこにも目を配らせておく。
ゴーレムマップだとマインに潜っている間はミニオンに付与できないので
取らない方が無難。
総じて上手に扱うにはかなり難しい部類のタレント。


LV7 タレント

Battle Momentum 通常攻撃毎にCD中のアビリティ1つを0.5秒短縮
普段選択しないので使い勝手はわからないが、
ヒロイックスキルのデヴァリングモーを取ってからが1番役立つのでは?
集団戦においてこれが複数に決まると一気に流れが変わることもあるので
その長いCDを短くできるのは重要だと思う。
クリープ設置のCDもしっかり短縮されるのでクリープマナ削除のタレントを取ってると
どんどんクリープを広げられるかも。


Volatile Acid ベインリングのダメージが、敵ヒーロー以外に50%増加
これを取るならLV16のタレントで8ベインリングもぜひ。
このタレントの性質上、これを取るとミニオン処理の比重が増す分
対ヒーローでの戦闘がますます厳しくなります。
集団戦が多く発生するスカイテンプルやブラックハーツベイのステージでは
注意しましょう。


Ventral Sacs ローチが2匹から3匹になる
敵タレットなどに爆撃して囮となってたくさん砲弾を消費してもらおう!
ヒーロー以外からのダメージ30%軽減のタレットも取っているとさらに効率アップ!
でも弱いローチが1匹増えたところで・・・。
というのが正直な感想。


Endless Creep クリープ領域半径が50%拡大し、チューマーのHPが2倍にある
これはクリープ特化型にするのであれば必ず欲しいタレント。
これを取得した瞬間すでに設置してあるクリープチューマーの視界領域も広がる。
その様子は見ててとても気持ちがいい。
そしてLV16タレントのメタボリックブーストを取得するとクリープ上の移動速度が
120%から140%となり、マウントと同じになる。
行動範囲のほとんどクリープになり、その恩恵を存分に享受していきたい。


Rapid Incubation CD45秒 3秒間チャネリングして、体力とマナを25%分を回復
このタレントアビリティが便利すぎて他のタレントを取るのが考えられない。
というのが自分の今のところの見解。
この回復と泉の回復で回していけばハースストーンを使うことがなくなり、
Rapid Incubationを取得し、体力とマナが半分以上あれば
ブリーザーキャンプのソロもできるようになる。そしてCD45秒という短さ。
回復中は他の行動ができないのだが(他命令を入れると中断はできる)3秒なので
そこまで気にならず、なによりマナ枯渇にならないというのがすばらしい。


LV10 タレント
ヒロイックスキル取得の選択のみなので割愛


LV13 タレント

Mutalisk Wアビリティのハイドラリスクが空を飛びバウンドダメージのあるミュータリスクになり
召喚継続時間が8秒から12秒になる

バウンドダメージは追加で2体まで当たるようで、1体目のバウンドダメージが
約62%で2体目のバウンドダメージがその50%。(ex 130→80→40)
敵を追尾しやすくなり、バウンドダメージと継続時間アップの効果が
ブリーザーキャンプのソロ占領で大いに役立つ。
継続時間増加は攻撃を当て続けることができれば
トータルダメージの増加にもなり、バウンドダメージも合わせると
総ダメージはかなりのものとなる。


Grooved Spines Wアビリティの召喚レンジが35%拡大し、20%のダメージ増加
射程が短く、やや使いづらかったのが解消され、攻撃力も増加。
後半になればなるほどヒーローキルが重要となっていき、
対ヒーローアビリティとして役立つハイドラリスクの強化は重要である。
正直なところ、ミュータリスクとどちらがいいのか迷うところだけれども
キャンプ占領にも適していて、追尾も上手くなったミュータの方が
個人的には好きといったところ。
味方にガズロウがいるっていうのならそっちにキャンプ占領は任せて
ヒーローキルに特化しているこっちの方がいいとは思ったりもする。


Bile Drop 爆撃時のダメージが2倍になる
強いのか全然わからない!魅力が伝わってこず・・・。
しかしここで計算してみよう。
LV13時点での爆撃ダメージは60+13*12=216
この2倍だから432ダメージになる。
そしてLV13のベインリングを4匹全員に当てると
(35+5*13)*4=400
あれ?やっぱりあんまり強い気しない。ってことでやはり選ばないかな


Giant Killer 敵ヒーローのMAXHPの1.5%分追加ダメージ
敵にウォリアーが多いと取りたくなっちゃうアビリティ
理想としてはクリープ特化のタレントにしてLV16からメタボブーストを取り
常に40%の速度アップを駆使しながら引き撃ちで
相手ウォリアーのライフを削っていく。
これを取るなら射程が広がるLV4タレントのEnvenomed Spinesも取るべき。


Spell Shield アビリティダメージを受けると、アビリティダメージを50%軽減するシールドを2秒間自動発動
50%しか軽減しないのに2秒間とはこれいかに。
自動発動はいいのだが頼りないし、発動したところで死ぬときは死ぬ。
おそらく特定のアビリティ対策になるだろうけどなにかは不明。
勉強不足です。


LV16 タレント

Baneling Massacre ベインリングが4匹から8匹になる
ザガラ初心者のほとんどが取るであろうタレント。
確かに書いてあること自体は強力。しかし動けなくなる時間も倍になるので
敵が近くにいるのに4匹の感覚のままベインリングを放つと
いつまでも逃げれずに横からフルボッコされたりする危険も出てくる。
初心者が取りがちだけども、取ると使用難易度が上がる罠タレントじゃないかなと
気づいた。いやホントに強いんだけども。


Brood Expansion Wアビリティが2ストックまで可能になる
ストックがあるときのCDは1秒。ミュータリスクかハイドラリスクパワーアップの
タレントを取った場合は迷わずこれを取ることになるでしょう。
地味ながらも強力なタレント。
相手の範囲攻撃でまとめて処理されないよう注意。


Metabolic Boost クリープ上でに移動速度が20%から40%にアップ
つまり常にマウント状態ということになる。速い速い。
もちろんこれでマウント状態になっても移動速度が180%になるわけではない。
マウント状態になることなく、相手からさっさと逃げられるので
引き撃ちも容易になる。もちろん撤退もしやすくなる。
ただこれはもちろんクリープ上での話で、クリープを広げていない場合、
敵ヒーローがクリープを上手く破壊してきた場合は
これらの恩恵を受け取ることはできない。


Stoneskin MAXHP30%分のシールドを5秒間発動 CD60秒
ザガラはライフが多いわけではないので30%分のシールドは
そこまで多くなく、すぐに溶けてしまう。
そう考えるとやはり他のタレントを選ぶ方が希望がありそう。


LV20 タレント

Tyrant Maw ディヴァリングモーのダメージが50%増加し、敵ヒーローを殺す毎にCDが25秒短
ディヴァリングモーはやはり他ヒーローとの連携が大事なので
上手く当てる腕と味方ヒーローの連携があればぜひとも取っていきたい。


Broodling Nest ナイダスワームから出ると6匹のブルードリングが一緒に出てくる
クールダウンは表示されないが20秒。
短めのクールダウンなのでこまめにナイダスを利用しないともったいない。
ちっこくてかわいいが結構な攻撃力があるので範囲攻撃を持たない
ヒーローが襲われると結構なスピードでライフが削れる。
しかしこれが強いかと言うと疑問なところ。要検証。


Fury of the Storm 5秒毎に通常攻撃で対象に20+(LV*9)ダメージを追加で与え、対象付近のミニオンとマセナリーに20+(LV*24)のダメージを与える
LV20のタレントだけあって相当強い。
これを取得したらミニオン集団はこのクリティカルアタックと
ベインを転がせば壊滅しちゃう
アビリティ並の強さなのに5秒のCDにマナ消費なしだからすごい。


Bolt of the Storm CD60秒 近くの指定位置にテレポート
多少慣れが必要だけど、これを使えればぐっと死亡率は減る
できれば間に壁などの障害物を挟んで使うと安全性はさらに高まる。
このタレントアビリティは他ヒーローでも取得できるので
上手く使えるようになっておけば応用がきくでしょう!




ってことでとっても長くなってしまいましたが
ザガラのタレントアビリティの解説・感想でした。
こちらも何かあれば修正・加筆などしていきたいと思います。
スポンサーサイト



| ザガラ | 23:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Zagara・ザガラ アビリティ解説・感想

ザガラ

今回はザガラというヒーローはどのようなヒーローで、
何ができるのかということを自分なりに書いていきたいと思います。
本当は各タレントの解説・感想も書こうと思ったのですが、
相当長くなりそうなのでまた今度にします。


全般

ザガラは基本的にはミニオン処理が得意です。
3つのベーシックアビリティの内2つはザーグユニット(ローチやハイドラリスク)を
召喚させて戦闘に参加させるのでシージーキャンプが出る戦闘開始2分には
占領も可能です。ブリーザーは無理!
攻城はザガラのみだと微妙ですが、アビリティで砲弾を消費させつつダメージを
与えていけるので味方ミニオンと一緒にローチを落としたりするのが効果的です。
対人は序盤で1:1の対決だとハイドラリスクがかなり強いので他のアサシンより
強かったりします。実質2:1になりますし。
Dアビリティのクリープチューマーは視界確保ができて4分間も残るのですごく便利。
それだけでなく、体力微回復や移動速度増加などうれしいことたくさん。
この効果は他の召喚ユニットも適用されます。
逃げスキルがない分、クリープで敵の動きをよく見ながら行動しないと
すぐに集合攻撃されて死んでしまうのでミニマップをこまめに見て行動する必要があります。


アビリティ解説

ベインリングアイコン
Q Baneling Barrage 50マナ クールダウン10秒
ベインリングというユニットが4匹転がっていき、敵に当たるか攻撃されると
破裂してスプラッシュダメージも与えます。1匹につき35+LV*5ダメージ
LV1の場合は4匹全部当てると総ダメージは160。LV10だと340。
この範囲ダメージは結構広く、中心から2キャラ分くらいあります。
転がるスピードはそこまで速くないので距離が開いてれば結構簡単に
回避されてしまうので注意。
ヒーローよりもミニオン集団の真ん中に当てて範囲ダメージをできるだけ
多く当てるという使い方が効果的なんじゃないかと思います。
なお、転がるベインリングにもちゃんとHPはあり、砲撃などで破壊されるますが
その場合も破壊された地点でスプラッシュダメージが出るので安心。
距離が少しある状態でベインリング出した瞬間にレイナーのペネトレート食らうと
すべて弾けて無力化するので注意。
また、出している間は無防備なので逃げながら打つと一気に距離を
詰められてしまいます。


ハンターキラーアイコン
W Hunter Killer 60マナ クールダウン14秒
対象を指定し、ハイドラリスクを8秒間召喚します。
このハイドラリスクは対象に秒40+LV*6のダメージを与えます。
LV1の場合、8秒すべて攻撃が当たれば総ダメージは368。LV10だと800。
純粋な攻撃力ならばザガラよりこのハイドラリスクの方が上で
1:1の場合は擬似的に2:1を作りだせるので
相手を追い払ったりキャンプ占領で役立ちます。
もちろん範囲ダメージを一緒に食らったりするとすぐに死んでしまうので
そこは注意が必要です。特に集団戦。特にジェイナ!
対象を倒してしまう・消えてしまうとすぐに潜って帰ってしまうので、
ザコミニオンに打つとマナがもったいないですし、
ノヴァのデコイに騙されても勿体ないので無闇に召喚すると損をします。


ローチドロップアイコン
E Infested Drop 50マナ クールダウン12秒
指定位置にドロップポッドを落としてダメージを与え、ローチが出てきます。
ローチは8秒間存在します。ドロップポッドのダメージは60+LV*12で
ローチは秒13+LV*2のダメージで最大7回攻撃できます。
LV1の場合の総ダメージは282。LV10だと411。
ローチドロップの魅力はやはりタレットの砲撃を受けずに落とせる射程でしょう。
一緒に戦ってくれるので攻城やキャンプ占領などでのダメージ吸収として
大いに活躍してくれます。そしてかわいい。
ドロップ要請モーションも一瞬でスキがないのもGOOD。


クリープチューマーアイコン
D Creep Tumor 20マナ クールダウン・ストック追加15秒 3ストック可能
240秒(4分)存在するクリープを展開します。
クリープは視界確保・体力微回復(LV1で秒1.8)・移動速度20%アップします。
これはザガラの召喚ユニットにも適用されます。
視界確保は味方全員に見えるようになるので思っている以上に
喜ばれると思います。ちゃんとした位置にクリープ配置すれば!
ザガラは逃げスキルがない(一応ナイダスでないこともない)代わりに
クリープで足を速くして逃げるということもできますし、
増援や隠れた敵を察知するということがこのクリープによって可能です。
ですので人数的に不利になる状況がわかりやすく、
集中攻撃される状況になるまでに撤退するということができます。
ストックは3つまで可能で消費マナも20と少ないので便利。
クリープチューマーを出した直後は相手からターゲットされますが、
数秒でステルス状態になるので通常攻撃では破壊されませんし、
スキルで破壊するとなると20マナ以上かかり、相手は損です。
クリープを置くと良い位置は各レーンの隠れられる草むらや
通路の分岐点、蜘蛛マップや海賊マップの中央にある
ジェム・コインを渡す場所です。
逆に悪い位置は各レーンの道の真ん中です。
真ん中にクリープを産んでしまうと相手ヒーローがミニオンを処理しようと
撃った範囲スキルで一緒に処理されてしまうからです。



デヴァリングモーアイコン
R Devouring Maw 100マナ クールダウン100秒
指定位置に巨大ワームを出現させて範囲内の相手を飲み込みダメージを与え、
そこから4秒間さらに貪りダメージを与えます。
最初に与えるダメージが75+LV*24で貪りダメージが秒38+LV*2です。
LV10の場合の総合ダメージは547です。
射程がEアビリティのローチドロップよりも短く、
位置指定なので上手く当てるのが難しいです。
これを使おうとして近づいたら相手のヒーロースキルで先にやられてしまった
とかってなったりしないよう気をつけたいところ。
集団戦で2人以上飲み込めば御の字でしょうが、1人でも
6秒くらい無力化できるのでとりあえず当てないと話になりません。
上手くまとめて飲み込んだ場合は周りの味方と一気にスキルを叩き込めば
瞬殺もできますが、飲み込んでいる間は他ダメージが入らないので注意。
位置指定のアビリティは出てきた瞬間にダメージを発生させるように
使わないと意味がないのでそこは味方ヒーローの腕にもかかっている。
また、ザガラは逃げ手段が乏しいので追ってくる相手には
比較的当てやすくなるこれを使うのも全然あり。
貪り中のワームは範囲が大きく、すり抜けて通行不可なので
さらに後ろから追ってくる敵は回りこむ必要があり、
細い道ならば完全に封鎖も可能。
この特性を利用して逃げる相手の先に発生させ、
閉じ込める壁としても利用できる。
クールダウンが100秒とかなり長く、使い所を見極めるのが鍵。



ナイダスネットワークアイコン
R Nydus Network 50マナ クールダウン50秒 2ストック可能
視界の取れている好きな位置にナイダスワームを出現させます。
ナイダスワームは最大4つまで出現させることができ、
ザガラのみ、ワーム間移動ができるようになります。
攻撃スキルではないため、集団戦がよく発生するようなマップには
向いていないのですが、よく上下移動するようなドラゴンナイトのマップや
ゴーレムのマイン内に設置すると便利です。
また、各キャンプの近くに設置しておくことで移動時間をなくし、
どんどん占領することも可能で、敵陣側のキャンプ襲撃中に見つかっても
ナイダスで逃げこむということもできます。スタンとかされなければ!
ナイダスを取得したらとりあえず本拠地に設置しておき、
危なくなったらすぐに出して潜り込むということで死亡率が
ぐっと減るような気がしますw
もちろんナイダスも攻撃的な使い方が可能で、ややこちらの味方が不利な
1:1をしている相手の背後にナイダスを出し、直線の逃げ道を塞ぎつつ
ザガラも出て挟み撃ちということも可能です。
まぁ基本ナイダス出たら相手は逃げちゃうんですけど、
逃げたら逃げたで潜る必要はないですし、
ザガラの体力が低くて実は言っても死ぬだけでも出しておけば
相手が警戒して下がれば味方をブラフで救うということのできます。




ということでザガラの解説・感想でした。
他にも気づいた点やアビリティの他の使い方など見つければ加筆して
いきたいと思います。

これを読んでザガラに興味を持ったらぜひとも使ってみてくださいましー。
7000Gですけど今週はフリーヒーローですし!!





| ザガラ | 20:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベインリングをミニオンに当てるとき

ザガラのヒーローレベルがとうとう10になってしまいました。
ザガラLv10



それくらいザガラにハマっています。
プレイヤーレベルももちろん40!ちなみにヒーローリーグはまだしてません。


今回はザガラをたくさん使ってきたなかでベインリングを
ミニオンに当てるときに個人的に気をつけていること紹介。


ベインリングは敵に当たると範囲スプラッシュダメージが発生するので
当て方によって総ダメージが大きく変わってきます。

ミニオンは基本3-1-3の陣形を取ってくるので
真ん中の魔法使いを上手く狙ってベインを当てる
すべてのミニオンにスプラッシュダメージを与えることが可能となります。




| ザガラ | 20:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





| PAGE-SELECT |