≫ EDIT

Zagara・ザガラ アビリティ解説・感想

ザガラ

今回はザガラというヒーローはどのようなヒーローで、
何ができるのかということを自分なりに書いていきたいと思います。
本当は各タレントの解説・感想も書こうと思ったのですが、
相当長くなりそうなのでまた今度にします。


全般

ザガラは基本的にはミニオン処理が得意です。
3つのベーシックアビリティの内2つはザーグユニット(ローチやハイドラリスク)を
召喚させて戦闘に参加させるのでシージーキャンプが出る戦闘開始2分には
占領も可能です。ブリーザーは無理!
攻城はザガラのみだと微妙ですが、アビリティで砲弾を消費させつつダメージを
与えていけるので味方ミニオンと一緒にローチを落としたりするのが効果的です。
対人は序盤で1:1の対決だとハイドラリスクがかなり強いので他のアサシンより
強かったりします。実質2:1になりますし。
Dアビリティのクリープチューマーは視界確保ができて4分間も残るのですごく便利。
それだけでなく、体力微回復や移動速度増加などうれしいことたくさん。
この効果は他の召喚ユニットも適用されます。
逃げスキルがない分、クリープで敵の動きをよく見ながら行動しないと
すぐに集合攻撃されて死んでしまうのでミニマップをこまめに見て行動する必要があります。


アビリティ解説

ベインリングアイコン
Q Baneling Barrage 50マナ クールダウン10秒
ベインリングというユニットが4匹転がっていき、敵に当たるか攻撃されると
破裂してスプラッシュダメージも与えます。1匹につき35+LV*5ダメージ
LV1の場合は4匹全部当てると総ダメージは160。LV10だと340。
この範囲ダメージは結構広く、中心から2キャラ分くらいあります。
転がるスピードはそこまで速くないので距離が開いてれば結構簡単に
回避されてしまうので注意。
ヒーローよりもミニオン集団の真ん中に当てて範囲ダメージをできるだけ
多く当てるという使い方が効果的なんじゃないかと思います。
なお、転がるベインリングにもちゃんとHPはあり、砲撃などで破壊されるますが
その場合も破壊された地点でスプラッシュダメージが出るので安心。
距離が少しある状態でベインリング出した瞬間にレイナーのペネトレート食らうと
すべて弾けて無力化するので注意。
また、出している間は無防備なので逃げながら打つと一気に距離を
詰められてしまいます。


ハンターキラーアイコン
W Hunter Killer 60マナ クールダウン14秒
対象を指定し、ハイドラリスクを8秒間召喚します。
このハイドラリスクは対象に秒40+LV*6のダメージを与えます。
LV1の場合、8秒すべて攻撃が当たれば総ダメージは368。LV10だと800。
純粋な攻撃力ならばザガラよりこのハイドラリスクの方が上で
1:1の場合は擬似的に2:1を作りだせるので
相手を追い払ったりキャンプ占領で役立ちます。
もちろん範囲ダメージを一緒に食らったりするとすぐに死んでしまうので
そこは注意が必要です。特に集団戦。特にジェイナ!
対象を倒してしまう・消えてしまうとすぐに潜って帰ってしまうので、
ザコミニオンに打つとマナがもったいないですし、
ノヴァのデコイに騙されても勿体ないので無闇に召喚すると損をします。


ローチドロップアイコン
E Infested Drop 50マナ クールダウン12秒
指定位置にドロップポッドを落としてダメージを与え、ローチが出てきます。
ローチは8秒間存在します。ドロップポッドのダメージは60+LV*12で
ローチは秒13+LV*2のダメージで最大7回攻撃できます。
LV1の場合の総ダメージは282。LV10だと411。
ローチドロップの魅力はやはりタレットの砲撃を受けずに落とせる射程でしょう。
一緒に戦ってくれるので攻城やキャンプ占領などでのダメージ吸収として
大いに活躍してくれます。そしてかわいい。
ドロップ要請モーションも一瞬でスキがないのもGOOD。


クリープチューマーアイコン
D Creep Tumor 20マナ クールダウン・ストック追加15秒 3ストック可能
240秒(4分)存在するクリープを展開します。
クリープは視界確保・体力微回復(LV1で秒1.8)・移動速度20%アップします。
これはザガラの召喚ユニットにも適用されます。
視界確保は味方全員に見えるようになるので思っている以上に
喜ばれると思います。ちゃんとした位置にクリープ配置すれば!
ザガラは逃げスキルがない(一応ナイダスでないこともない)代わりに
クリープで足を速くして逃げるということもできますし、
増援や隠れた敵を察知するということがこのクリープによって可能です。
ですので人数的に不利になる状況がわかりやすく、
集中攻撃される状況になるまでに撤退するということができます。
ストックは3つまで可能で消費マナも20と少ないので便利。
クリープチューマーを出した直後は相手からターゲットされますが、
数秒でステルス状態になるので通常攻撃では破壊されませんし、
スキルで破壊するとなると20マナ以上かかり、相手は損です。
クリープを置くと良い位置は各レーンの隠れられる草むらや
通路の分岐点、蜘蛛マップや海賊マップの中央にある
ジェム・コインを渡す場所です。
逆に悪い位置は各レーンの道の真ん中です。
真ん中にクリープを産んでしまうと相手ヒーローがミニオンを処理しようと
撃った範囲スキルで一緒に処理されてしまうからです。



デヴァリングモーアイコン
R Devouring Maw 100マナ クールダウン100秒
指定位置に巨大ワームを出現させて範囲内の相手を飲み込みダメージを与え、
そこから4秒間さらに貪りダメージを与えます。
最初に与えるダメージが75+LV*24で貪りダメージが秒38+LV*2です。
LV10の場合の総合ダメージは547です。
射程がEアビリティのローチドロップよりも短く、
位置指定なので上手く当てるのが難しいです。
これを使おうとして近づいたら相手のヒーロースキルで先にやられてしまった
とかってなったりしないよう気をつけたいところ。
集団戦で2人以上飲み込めば御の字でしょうが、1人でも
6秒くらい無力化できるのでとりあえず当てないと話になりません。
上手くまとめて飲み込んだ場合は周りの味方と一気にスキルを叩き込めば
瞬殺もできますが、飲み込んでいる間は他ダメージが入らないので注意。
位置指定のアビリティは出てきた瞬間にダメージを発生させるように
使わないと意味がないのでそこは味方ヒーローの腕にもかかっている。
また、ザガラは逃げ手段が乏しいので追ってくる相手には
比較的当てやすくなるこれを使うのも全然あり。
貪り中のワームは範囲が大きく、すり抜けて通行不可なので
さらに後ろから追ってくる敵は回りこむ必要があり、
細い道ならば完全に封鎖も可能。
この特性を利用して逃げる相手の先に発生させ、
閉じ込める壁としても利用できる。
クールダウンが100秒とかなり長く、使い所を見極めるのが鍵。



ナイダスネットワークアイコン
R Nydus Network 50マナ クールダウン50秒 2ストック可能
視界の取れている好きな位置にナイダスワームを出現させます。
ナイダスワームは最大4つまで出現させることができ、
ザガラのみ、ワーム間移動ができるようになります。
攻撃スキルではないため、集団戦がよく発生するようなマップには
向いていないのですが、よく上下移動するようなドラゴンナイトのマップや
ゴーレムのマイン内に設置すると便利です。
また、各キャンプの近くに設置しておくことで移動時間をなくし、
どんどん占領することも可能で、敵陣側のキャンプ襲撃中に見つかっても
ナイダスで逃げこむということもできます。スタンとかされなければ!
ナイダスを取得したらとりあえず本拠地に設置しておき、
危なくなったらすぐに出して潜り込むということで死亡率が
ぐっと減るような気がしますw
もちろんナイダスも攻撃的な使い方が可能で、ややこちらの味方が不利な
1:1をしている相手の背後にナイダスを出し、直線の逃げ道を塞ぎつつ
ザガラも出て挟み撃ちということも可能です。
まぁ基本ナイダス出たら相手は逃げちゃうんですけど、
逃げたら逃げたで潜る必要はないですし、
ザガラの体力が低くて実は言っても死ぬだけでも出しておけば
相手が警戒して下がれば味方をブラフで救うということのできます。




ということでザガラの解説・感想でした。
他にも気づいた点やアビリティの他の使い方など見つければ加筆して
いきたいと思います。

これを読んでザガラに興味を持ったらぜひとも使ってみてくださいましー。
7000Gですけど今週はフリーヒーローですし!!





| ザガラ | 20:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミニオン経験値を効率よく稼いでチームLVを上げるには

現在のHeroes of the Stormはゴーレムマップ以外
トップ(上)、ミドル(中)、ボトム(下)の3レーンがあります。

チュートリアルでもウーサーが教えてくれるのですが、
ミニオンを倒したときに近くにいると、+XPという表示が出て
チームレベル上昇に必要な経験値が得られます。

重要なのは同じレーンにヒーローが3人いたとして、
ミニオンを倒したときに
3人いても獲得できる経験値は1人のときと変わらない
ということです。

戦闘中にTabキーで各ヒーローの獲得XPが表示されますが、
あれは飽くまで個人が獲得した(表示された)XPであって
味方ヒーローの表示上合計XP=チームレベルとはならないのです。


特に序盤はヒーローキルの経験値はかなり少ないので
一つのレーンに固まってレーン攻略するよりも
1(トップ):3(ミドル):1(ボトム)
のように各レーン最低1人はついてミニオン経験値を獲得していった方が
早くチームレベルを上げることができ、
そこからマップギミックのカウントが始まり集団戦となったとき
レベル差から相手ヒーローを倒していきやすいということになります。

レーン経験値

↑の場合、ミドル・ボトムレーンでは両チームミニオン経験値を獲得できてますが、
トップレーンは赤チームだけなのでこの状態が長く続くと赤チームのレベルが早く上がり、
戦力に大きく影響してくる。ということになります。


よくヴァイキングが強いと言われるのはヴァイキングを3人散らしてすべてのレーン
に配置すれば3レーン分の経験値を回収できるので
序盤からミニオン経験値をロスすることがなくなり、
レベル差がどんどんついてしまってそのまま勝負が決まる
という状態になりやすいからでしょう。


ということでもし自分がどこに行くべきかわからない場合は
味方の誰もいないレーンでとりあえず経験値漏れを防ぐ
ということも考えてミニマップを見てみましょう。

| 上達するために | 16:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

敵がキャンプを占領しようとしてるのがわかるとき

キャンプ発見
↑クリックで拡大モードの別窓表示


まずはこちらの画像を見てください。

マップはお花畑ですが、相手チーム(赤)のガーデンテラーが動き出したところです。
他のドラゴンマップや蜘蛛マップもそうですが、
マップギミックが発動すると普通はキャンプ地の敵は消えてしまい、
ギミックの主役(テラーやドラゴンナイトや女王蜘蛛)が倒されないと
それまでキャンプは占領できません。



しかし↑のスクリーンショットをよく見てください。
通常ならばテラーが動きだしたのでキャンプ地は消えるのですが
こちらの陣地側の右上のブリーザーキャンプが消えていません。


知っている人もたくさんいると思うのですが、
戦闘中のキャンプ地のみ、ギミックが動きだしても消えないのです!

つまりこのスクリーンショットからわかることは
メイン画面で敵が2人いてマップのテラーが1人、1人は蘇生待ち。

ということはこちらの陣地のブリーザーキャンプを
敵のレイナーが一人で戦闘中ということがわかります。

あとはマップでpingを打つなりして他の人に教えてあげて
挟撃なりすればどちらも手負いになったヒーローとキャンプですから
かなり楽にいただくことができるわけです。


最悪、あとちょっとというところで間に合わなかったとしても
この場合はこちらの陣地ですので敵ヒーローを仕留めることは
たやすいでしょう。後ろから叩くのが重要ですね。


ということでHotSをプレイ中のみなさま、
ギミック発動した瞬間(ガーデンテラー、ドラゴンナイト、蜘蛛マップの3つのみ)は
ミニマップのキャンプを確認してみてください。


でも実際は画面を確認しながら瞬時に
「あそこは一人で戦闘中だな」なんて判断できないから
とりあえず移動中に考えながらですw

| 上達するために | 23:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MOBA系初心者にありがちな6つの困るプレイ

今回はHeroes of the Stormのオープンβが始まったので
MOBA系初心者が陥りやすいダメな行動をまとめてみました。
とりあえず思いついただけ。

クイックマッチではプレイヤーレベルが低い人が自分のチームにいる場合、
たいてい相手のチームにもいます。

HotSは戦闘レベルがチームですべて同じなので
例えばチームの一人が度重なる無謀なる突進をし、返り討ちにされれば
倒された大量のXPが相手チーム全員に入り、大きなレベル差が生まれます。

そうなると、例え他の4人が相手の5人より多少プレイスキルがあっても
到底逆転はできないものとなります。

レベル差による体力・攻撃力の差に加え、4対5では
ほぼどうしようもないからです。


実際クイックマッチでは初心者がどれだけ足を引っ張るかで
勝敗が決まる
と言っても過言ではないのです。

逆を言えば初心者にありがちな独りよがりな行動をやめて
自分のロール(役割)でチーム全体を考えた行動を取れれば
こちらのチームに穴はなくなり、敵チームの初心者が
よくある行動をしてくれれば結構簡単に勝利を手にすることが
可能となるはずです。


それではMOBA系初心者がよくやるであろう行動を紹介します。


1.死を恐れず突っ込む
死ぬことにより一時的な人数不利になり、
集団戦の場合はこれで一気に戦線が崩れます。
また、XPが相手にどんどん流れてしまいレベル差がついてしまいます。
死んでも復活できるからといって安易な突撃はチームに迷惑がかかります。


2.マップギミック(イベント)を無視
コインの宝箱が出たー!トリビュートを集めろー!陣地占領してビームを飛ばせー!
ダーゴンナイトになれー!花を狩って種を収穫ー!地下に潜って骨集めー!
宝石集めて女王蜘蛛召喚!
これらのマップギミックを無視しては絶対勝てません。
特にスカイテンプルとブラックハーツベイはマップギミックだけで
相手のコア破壊までできるので速攻(10分~15分)でゲームが終了することも。
各マップのギミックはVS AIモードで学びましょう。


3.ミニマップを全然見ない
MOBA系初心者では注意深くミニマップを見ながら戦うことは難しいですが
見る頻度が増えてくれば敵ヒーローの増援を察知できたり、
1対1のレーンで戦っている場所にかけつけて挟撃して仕留めることも可能です。
少しずつミニマップを見ていけるようにしていきましょう。


4.ノヴァやゼラトゥルでミニオン処理ばかりしている
特にノヴァは人気があるキャラのようでHotSを始めた人がすぐに課金して
使い出すというパターンもよくあるようですが、パーマネントクロークを持っている
ヒーローは他のヒーローとは戦い方が違います。
基本は姿を表さず、
手負いのヒーローを見つけて一気にアビリティと通常攻撃でダメージを与えて瞬殺
という戦法が基本です。
したがってミニオンを処理するということはクローク(ステルス)を解除するということで
相手に姿が見えてしまい、警戒されて仕事ができないことになります。

敵ながらアップレだったノヴァ



5.同じヒーローばっかり使って他のヒーローのアビリティを覚えない(使わない)
最初はゴールドがないので課金しない場合は
毎週変わるフリーヒーローを使うことになるのですが、
同じヒーローを上手く使おうとして使い続けちゃうパターン。
興味のないヒーローでもアビリティを使ってどんな性能か
見てみればそのアビの回避の仕方や対策などもわかります。

幸い各ヒーローレベルは5まで上げると500Gもらえるので
そのためにフリーヒーローを全員レベル5まで上げるというのが
HotSでは常識ですが、知らない場合は大損です。


6.ウォリアー、サポートヒーローでソロプッシュしている

ウォリアーやサポートは他のヒーローといることで役割をこなすことができます。
本当によく見るのがウォリアーでひたすらソロのレーンプッシュばかりしている
低レベルプレイヤー。

終わったあとにプロフィールで確認してみるとやっぱり低レベルです。
タチが悪いのが終わったあとのリザルトでXP獲得がこれでトップだったりするので
「試合は負けたけどオレは活躍したんだがら他のやつらが弱かった」
という勘違いをしてプレイを省みない人が結構いるということです。

ソロでレーンプッシュするのであれば基本的にスペシャリストというロールがいますし、
フリーヒーローでとりあえずLV5まで上げるだけだからどうでもいいという人も
いるかもしれませんが、そういうプレイをしていると結局は向上心がないのと同じで
好きなヒーローを使っても他のヒーローに関心がないので上達はしません。

| 上達するために | 19:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アヌバラクのEアビリティは便利

アヌバラク

今週のフリーヒーローにウォリアーのアヌバラクがいますね。
前からちょっと気になっていました。

なんかザガラと同じ匂いがするこのヒーロー。
使ってみて結構気に入りました。

どれかアビリティを使うと生まれるミニビートル。
タレント次第では8秒ごとの自動生産もできて役立ってくれます。
ちっこいくてカワイイ。

アビリティは地味な自己アーマー付与とスタンが2つも!
スタンは相手のスキルを強制的に止めたりできるのが強い。

特にEスキルの潜るバローチャージは
潜っている間は無敵で移動距離も長いので追いかけても使えるし
逃げでも使えるという万能っぷり。

ちゃんとした確認はしてないのですが
このバローチャージはノヴァのトリプルタップも無効にしていたのを
見た記憶があります。

ただ、相手に上手く当てるのにはちょっと慣れが必要かもしれませんね。


ちょっと前に気に入った同じウォリアーのディアブロが弱体化されて
タレントが大幅に変更になってしまったので(もう買っちゃったけど)、
アヌバラクを練習してみるものいいかも。
こっちは逆に強化されて勝率がグンとあがったヒーローみたいです。

| プレイ日記 | 22:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑





PREV | PAGE-SELECT | NEXT